第3回 国際ヨガデー三重 共鳴
2019年 6月22日(土) 中部台運動公園
受付8時30分~ スタート9時30分
1000人ヨガにチャレンジ

クリックまたはタップすると大きい画像でご確認できます。

国際ヨガデーの趣旨にご賛同いただいた、ヨガインストラクター厳選、ヨガデーにふさわしいお店にお声がけさせて頂き、ご協力いただくマーケットエリア。

1時間半という短い時間にも関わらず、出店協賛という応援をいただく素敵なマーケットエリアのご紹介です。

ヨガの後、是非マーケットエリアも楽しんでください。
※現在、出店募集は行っておりません。


国際ヨガの日って?

国際ヨガデー:international day of yogaは2014年 第69回国連会議においてインドのモディ首相により提案されました。

「ヨガは古代インドのかけがえのないギフトです」

ヨガは心と身体、思考と行動、健康と福祉に対する総合的なアプローチ。ヨガとはエクササイズだけでなく、自分自身、世界、そして自然が一つになる感覚を見出すことです』(2014年9/27国連総会 ナレンドラモディ首相 スピーチより抜粋)

この提案はすぐ際尺され、2015年より6月21日を「国際ヨガの日:international dai of yoga」としました。

6月21日に決定された理由は。。。

インドや日本を含む東洋では、太陽は生命の象徴として特別な存在としています。その太陽が一番長く地球を照らしてくれる日。全ての生命の源であるエネルギーが最高潮に達する夏至の日をヨガデーと定めました。

ヨガデー豆知識

2015年、第一回目の国際ヨガデーは『日出ずる国日本』世界で最初に太陽の光りが届く日本の神戸から開催されました。

ヨガは平和のために。。。

今この時代に、ヨガデーが制定されたことは。。。

国連総会には約200カ国が参加しています。その総会で1回のスピーチで、ヨガでーが際尺されたことは異例のスピードです。それだけ、世界中が自己の心身の調和、社会や世界との調和を求めているのでしょう。それだけヨガが必要とされている時代なのではないでしょうか。

ヨガデーのシンボル

世界のヨガデー

第1回 インドでは国会議事堂の前で約35000人がヨガをしました。同時にNYはタイムズスクエア、フランスはエッフェル塔など世界中が国を挙げてのお祝いの日となりました。

三重の国際ヨガデー

第1回目 国際ヨガデーIn三重

2017年 6月4日(日)中部台運動公園

在大阪・神戸インド総領事館後援、鈴木英敬三重県知事にもお越しいただき、お天気にも恵まれ、三重県民220人が一斉にヨガを行いました。

第2回目 国際ヨガデー三重 愛・調和・祈り

2018年 6月10日(日)中部台運動公園

受付開始と共に大粒の雨が、多くの方が参加を諦めたことでしょう。しかし!開始20分前に奇跡的に雨が上がり、0歳から86歳の三重県民なんと86名が参加しました。(ヨガ発展途上の三重で雨の中この人数はすごい!) 松阪市長竹上真人様にご挨拶もいただき一緒にヨガをしていただきました。